サックスと作曲やりましょう

スポンサーサイト

READ MORE

9月は京都で吹奏楽

サックス練習法  -

はいどうも!安田です!最近は空き時間も出来ましてサックスの練習がはかどっております。時間がって練習に専念出来るのもまた楽しいですね!昔と違って音楽一筋では無くなったので他の事も色々と大切にしながらですが。たまに『どうやったら、そんな風に吹けるのですか?』と聞かれるのですね。練習あるのみです。って言うのが本音なのですが、もう少し考えていってみましょう。サックスはもう解説するのは簡単かもしれません。1...

READ MORE

音のスピード

サックス練習法  -

はいどうも、安田です。7月も後半に入り暑くなってきましたね!吹奏楽コンクールも近づいてきて学生の人たちは気合充分な感じでしょう。今回は久々の練習方法についての記事です。皆さ、演奏上達を目指して頑張っていますか?どんな練習していますか?スケール練習?ロングトーン?曲練習?リズム練習?いいですね、どれも大切です。では『自分の音の速度を上げる練習はしていますか?』あまり誰も詳細に言わない内容なので、僕自...

READ MORE

好きな音色を追いかけていく

サックス練習法  -

前回の続きです。【好きなセッティングとは1】http://yozora0709.blog.fc2.com/blog-entry-222.htmlどうも安田です。最近のセッティングはビーチラーの7番でリードはレゼルヴ2.5です。やっぱりクラシック系リードがビーチラーには合いますね!ジャズ系のリードは、ちょっと下品な感じになりやすい。前回の記事で上達法がある、と書きました。ではどのような方法があるのかをお伝えしていきます。●真似るモノマネの域までとことん...

READ MORE

好きなセッティングとは

サックス練習法  -

はい!寒さにも負けず過ごしてます安田です。今回は久々にマウスピースについて、です。このブログを見ている方はBeechle(ビーチラー)好きが多少なりいるかと思います。もちろん好きなアーティストも。好きなイメージがあるからこそ道具にもこだわる。では実際に絵で描く理想のセッティングでを演奏してみます。イメージ通りの音は出ますか?大半の方はイメージ通りにはならないはずです。当然と言えば当然です。だって道具が原因...

READ MORE

アルペジオaug7(コード6)

サックス練習法  -

こんばんは、安田です。久々にアルペジオ練習の更新です。オーギュメントのエクササイズです。時間に余裕が出てきたのでここぞとばかりに記事を更新していきます!現在までのアルペジオを振り返るとM7【メジャーセブンス】7【セブンス】m7【マイナーセブンス】m7(b5)【マイナーセブンフラットファイブ】dim7【ディミニッシュセブン】aug7【オーギュメントセブン】と一通り紹介してきました。今回のオーギュメントは、オルタードス...

READ MORE

アルペジオdim7(コード5)

サックス練習法  -

今回はディミニッシュセブンスのアルペジオです。サックスでの練習も難しくなってきました。正直に言うとジャズ以外はあまり役立たないアルペジオですね!個人的意見ですが!!このコードは全て短三度で作られていますので、頭の中でイメージが描ければ意外とスムーズに演奏出来きるかと思います。このコードが使われる部分は【パッシングディミニッシュ】【セブンス(b9)の代理コード】などで使われます。【パッシングディミニッシ...

READ MORE

アルペジオm7(b5)(コード4)

サックス練習法  -

今回はマイナーセブン フラットファイブです。コードアルペジオも少し難しくなってきましたね。マイナーキー(短調)でのIImです。あまり多用はされませんがちょこちょこ出てきます。また、メジャーでのV7の代理コードとしてVIIm(b5)が出て来る場合もあります。ジャズではIm7に解決するためのIIm7-V7(b9)-Im7としても登場します。この時は【マイナーセブンフラットファイブ】か【ハーフディミニイッシュ】で表記されます。双方とも...

READ MORE

アルペジオm7(コード3)

サックス練習法  -

はい、どうも安田です。ちょっとずつエクササイズのバリエ-ションも増えてきましたね!今回はマイナーセブンスのアルペジオです。前回のメジャーセブンス、セブンスの2つ吹けるようになると、だいぶ楽に演奏出来るエクササイズではないでしょうか。短調(ここではナチュラルマイナーをさします)の曲でのアプローチや、ジャズではII - V の動きでの役立っていきます。大切なのは「正しく演奏出来ているか」を自身で判断すること...

READ MORE

アルペジオV7(コード2)

サックス練習法  -

今回は5度セブンスコードのアルペジオです。5度とはトニック(1度)から数えて五番目の音。その5番目の音をルート(根音)として作られた和音です。ドミナント(V)→トニック(I)と和音の進行を解決させる為に大切な和音です。このアルペジオを理解する事によって和音の進行を理解しやすくなります。今回からノンダイアトニックコード(非全音階)からの進行を考え全てハ長調で表記しています。初めは読みづらいかもしれませんが...

READ MORE

アルペジオIM7(コード1)

サックス練習法  -

本日はIM7のアルペジオです。1度メジャー7thの練習をしていきます。管楽器をやっている方はエチュードやジャズ基礎で登場した練習法ではないでしょうか。もうこの辺から楽譜を作ってて『譜面を間違えてないか』ドキドキですね!もし間違いがあればお知らせ下さい。まず12キーで最低音から最高音まで丁寧に練習していきます。12キースケールを演奏出来る方は応用が効きやすいかと思います。このメジャーセブンスですが、様々な...

READ MORE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。