This Category : リード

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.02 *Wed

新レゼルヴリード

はいどうも!ちょこちょこブログを更新しています安田です!
時間が空いている時はPCに向かって文章が打てるので有難いですね。

最近新しいアルトサックスを購入しようか悩んでいます。
といっても安くはない買い物なので悩んでいますが。
スキルアップに繋げられると判っているので購入はするのですが、時期が悩みどころです。
自分の演奏のクオリティが上がるって考えるとワクワクしてきますね!


さて今回はリコのレゼルブリードのレビューです。
リコ改めダダリオ社のリードになっています。パッケージも一新して白色が目印です。
最近のリードは『白がワンランク上のリード』ってイメージがありますね。

ダダリオ社になってから【リードをカットする機械が向上】されたと情報が入っていますが、
これはクラリネットだけでサックスのカットは昔のまま、という情報もあります。


●ダダリオ レゼルヴ 2-1/2
reserve2.jpg

評価:★★★★★

さてそのリードの感想ですが、ビーチラーととても相性が良いです。
よく鳴ってくれるリードが2枚は必ずあるかな、といった感じです。もちろん演奏者によって違いはありますが。
5枚ほどは練習で使える範囲です。

リコ時代とまったく同じように使えるリードです。芯があり艶もある音で吹いていて心地よい。
使用時から使えて、ヘバるのも少し早め。これも前のままです。
最近のマリエンサル氏もアルトはリコという話を聞いていますので、
ビーチラーとの相性も良いと考えて間違いないでしょう。

2箱ほど買ってその中から当たりのリードを探す。これで安定した演奏が可能です。
日本の気候は湿度が高いのでリードの管理方法にも気を使えると長持ちするでしょう。

フラジオもよく鳴り、高音に艶の出るのが魅力ですね。
お勧めのリードです。



スポンサーサイト
CATEGORY : リード | THEME : サックス | GENRE : 音楽

2014.12.30 *Tue

サックスリード 2

ビーチラーに合うリードを探してみましょう。
第二回目になります。
第一回目は http://yozora0709.blog.fc2.com/blog-entry-110.html こちらです。


とは言ってもあまり真剣に見定めてはいません!
たまに普段使わないリードを買って、記録していってるくらいです。
同じリードを何箱も買って、丁寧にやっていけたら一番良いのでしょうけど。

『絶対使わないな』と感じたリードを何箱も買うのはちょっと…。

という訳で今回も、
ビーチラーとの相性
ファルテ、ピアノ時の表現力
ポップス、ジャズ、フュージョンなどジャンルでの応用力
高音、低音の鳴りやすさ
エリック氏に近いサウンド


以上から評価していきます。






●リコ レゼルヴ 2-1/2
Reserve


評価:★★★★★

リコのレゼルヴですが、
ブランド名がRico(リコ)からD'Addario WOODWINDS(ダダリオ・ウッドウィンズ)
に変わりました。ギターやベースの弦のメーカーで有名ですよね。
2004年にダダリオに経営権が移り、10年経った2014年、
社名もリコからダダリオへ変更となりました。今後どうなっていくのでしょうか。
レゼルヴはパッケージなども変更となっています。国内の代理店はヤマハ。

さて使用感ですが、最近は青箱よりも良いですよ。
10枚中、5枚ほどが気持ちよく鳴ります。(本当に良いなと思えるのは1枚ぐらいかも)
レゼルヴが完璧という訳では無いのですが、
最近の青箱はビーチラーと合わなくなってきているように感じます。

芯があり艶もある音で吹いていて心地よい。
リードで悩んだらレゼルヴを2箱ほども買えば問題は解決するでしょう。
当たりだ、と思えるリードが見つかるはずです。

ただ、ヘタるのは少し早いようです。
青箱ほど『慣らしてきて良い状態を維持』って感覚ではなく、
すぐ使えて、すぐヘタる。ってな感じです。
これは保存の仕方をしっかりとしてあげないといけません。
湿度、気温の変化に要チェックです。

フラジオもよく鳴り、高音に艶の出るのが魅力ですね。
お勧めのリードです。




●リコ グランドコンサート 2-1/2



評価:★★★★★

同じくリコ改め、ダダリオの定番リードです。
ビーチラーとの相性もほどよく合い、値段も手ごろ、そして置いている店も多い。
これだけで使う理由は充分でしょう。
レゼルヴとくらべ、当たり外れの幅が大きいように感じます。
かと言って良いリードが1枚見つかってしまえば、他の9枚はあまり必要ない訳なので、
使用していくには問題ありません。(他の9枚は練習用にって意味です)

ファルテ、ピアノ時の表現力もしっかりありますので、
レゼルヴとグラコン、どちらを選ぶかはお好みで。






●リコ ジャズセレクト アンフィルド
81VriAXyJBL.jpg

評価:★★★☆☆

こちらもリコ改め、ダダリオのジャズセレクトです。
ジャズ用リードとあってよく鳴ります。発音も速いです。

ビーチラーとの相性も良く、どのリードもある程度は鳴ってくれます。
個人の主観ですので参考程度にですが、少し強く吹くとすぐ音が割れてしまうのですね。
音の芯が分散して開いた音色になる気がします。
これはコントロール出来る人は出来るかと思うのでジャズセレクト好きの方は試してみて下さい。
厚めのリードの方がまとまるかもしれません。

悪く書いてしまいましたが、使ってみた感じは良いです。
音がすぐ割れてしまう以外は。
エリック氏のサウンドを目指すのでは無く、激しい音色や奏法が好きの方には最適かも。
一度試す価値のあるリードです。




●アレクサンダー・ヴィルシャー711 2 1/2
Reserve


評価:★★★★☆

マウスピースメーカーからのリードです。
このメーカーで有名なのはクラリネットのマウスピースです。

暖かみのあるリードです。
購入は通販でしか買えません。丁寧な作り。
711モデルはクラシック用です。
一時期気に入って10箱くらい買っていたのですが、
しばらく経ってから改めて購入すると、なぜか全然鳴らない。
カットの仕方が変わったのでしょうか。謎です。
青箱が合わなくなってからの繋ぎで使っていました。

リードの作りは本当に丁寧で、どのマウスピースでも最高の音を出してくれます。
機会があれば一度お試しあれ。




●フォレストーン ブラックバンブー M
5265191145_0d1ea49007.jpg



評価:★☆☆☆☆

竹から生まれた人工リード、ファレストーンです。
なぜか黒くなって新発売。

ビーチラーではまったく鳴りませんでした。
厚さを変えてみたらよいのかもしれませんが、そんな気にもなりませんでした。

知り合いで上手に慣らしていた人もいたので悪くはないのでしょう。





-----------------------------------------


いかがでしたでしょうか。

ビーチラー好きの方の参考になれば幸いです。

『自分がどういった音を出したいのか』ここがポイントなのではないでしょうか。

ビーチラーを使っているアーティストは沢山いるのですが、
そのアーティストがどんなサウンドをしているのか。
柔らかい音なのか、激しい音なのか、艶やかな音なのか。
リード選びも変わってきます。


しかし、一番大切なのはやはり演奏者自身。
ビーチラーでのリード選びは、あくまで演奏者を手助けをしてくれる程度のものだと思います。
どんなサウンドを出すかは演奏者次第なのですから。


また他のリードを試してみた時に項目を増やしていきますね。

読んで頂き、ありがとうございました。




CATEGORY : リード | THEME : サックス | GENRE : 音楽

2012.09.08 *Sat

サックスリード 1

ビーチラーに合うリードを探してみましょう。
個人的なレビューになりますので、参考として読んで頂ければと思います。


ビーチラーとの相性
ファルテ、ピアノ時の表現力
ポップス、ジャズ、フュージョンなどジャンルでの応用力
高音、低音の鳴りやすさ
エリック氏に近いサウンド


以上から5段階で評価しています。






●バンドーレン 青箱 2-1/2
51VBFeJzUtL.jpg

評価:★★★★★

エリック・マリエンサル氏も使用のバンドレントラディッショナルリードです。
彼を目指す方には一度は通る道かと思います。


さて使用感ですが、まず当たりと思えるリードがなかなか無い。
pppからfffまで柔軟に鳴らせ、なおかつ芯のある甘い音色。
以上を考えると青箱から選ぶには当たりのリードが見付かり辛く感じます。

しかし、ビーチラーとマッチした時の表現力は素晴らしい力を発揮します。
ファルテで吹いた時の説得力のある力強くサウンド、
ピアノで吹いた際の丸くて柔らかい音色。

他のリードでは表現仕切れないものがこのリードにはあります。

またフラジオの響き方は一番良い響きがします。
音ヤセのしない高音はとても大切な魅力です。

このバンドレンの青箱とビーチラーを組合す時は色々下準備が必要です。
これに気付かず諦めてしまう方は本当にもったいないのですよね。
丁寧に準備をしてあげると良く鳴る組み合わせになるのです。

この方法は文章では伝え辛いのでまたの機会に。







●バンドーレン V12 2-1/2
51uBHbRMEjL.jpg


評価:★★★★★

青箱よりもパレットを長めにし振動を柔軟にしたことが売りのV12です。
あとティップが厚めで音色に深みとリードの寿命を延ばしてくれるようです。

確かに青箱よりも鳴ってるような気が少しします。ただそれだけ。
結局好みの問題に分かれると言って良いと思います。お好きに。値段は少し高め。

少し補足をすると、リードのヴァンプのカットの仕方でビーチラーとの相性が決まるので、
バンドレンのムラのあるカットでは青箱との違いがあまり見られません。

更に細かくみると、ビヴラートをかけた時のしなやかさはこちらの方が上の気がします。

でも基本的には良いリードですよ。






●リコ ラボーズ ミディアム
81VriAXyJBL.jpg

評価:★★★☆☆

よく鳴ります。
10枚中、半分程度が鳴ってくれます。

よく鳴ってくれるのですが、もう少しだけ艶があれば完璧…!といった感じです。
惜しい、惜しすぎるリードです。
演奏の仕方次第では、もしかしたら最高のリードなのかもしれません。

ピアノ時の音色の変化はあまりなく一定のサウンドが出ます。
スムース、フュージョン系に向いていますね。

ジャズでラボーズを使うと、浮いてしまうような気がします。
もう少し音色に艶があれば・・・!




●ファイブラセル リード 2 1/2(ミディアムソフト)
21jDGjAc9NL.jpg


評価:★★★★☆

凄く鳴ります。ビックリするくらい鳴ります。
『ビーチラーを買ったけど、まったく鳴らないや・・・』という方必見です。
科学の力を結集して作られた人工リード。ビーチラーも軽々鳴らせれます。

音色はもろフュージョン向き。ずっとゴキゲンなサウンドが出てきます。
ビーチラーが合わないと思われている方は是非試してみて下さい。
悩みが解決するはずです。

音色の傾向はずっと割れているようなサウンドです。
心地の良い割れたサウンドです。
ファイブラセルのサウンドと言っていいでしょう。
リードに支配されている感じはありますが。

マウスピースを選ばないリードで自己主張の強いリードとも言えます。

芯の詰まった魅力ある音は出ますが、柔らかい音はあまり得意ではありません。

フラジオはピッチが下がりやすく、口がよく疲れます。

青箱と比べると扱いやすいものの表現力では一歩惹けをとります。

でも自分が上手くなったように感じますよ!






●フォレストーン リード 2-1/2
5265191145_0d1ea49007.jpg



評価:★★★☆☆

竹から生まれた人工リード、ファレストーンです。
パっと見、アイスを食べる時の棒に見えます。

『自然の竹材パルプのセルロース繊維が最大50%程含まれており、
ナチュラルな音色、弾力性、 安定性を実現しました。』

がこのリードの特徴となっています。

ファイブラセエルと比べると大人しめですが、こちらも良く鳴ります。

リードの悩みが嘘かのように鳴るので吹いていて気持ちがよい。
でもファイブラセルの方が鳴ります。

音色の傾向はビーチラーに合わせるとキンキンと耳に痛さがつきます。
多分ビーチラーには竹の繊維が足りないのでしょう。75%くらい必要かも。

ラバーマウスピースにはよく合うみたいです。

残念だったのはハーフタンギングがやり辛い点です。
リードの先がとがっているので、舌で細かくリードを触ると血が出てきました。
本当に残念な点です。これは今後の改良でよくなるのかもしれません。

人工リードの中では青箱のサウンドに一番近い気がします。
ただ音色の魅力を考えると何とも言い難いですね。

フラジオも鳴りやすくハズレの無いリードなので、
一枚は持っていてそんはないでしょう。





●レジェール シグネチャー リード 2-1/2
41KR-RcwQRL.jpg

評価:★★☆☆☆

クラシック方面では大人気の人工リード。
レジェールの中でも上位の位置づけのシグネチャーリードです。

半透明で清潔感溢れる白色、独特の美しさがあります。
しかも厚さが合わなかったら一度だけ無料で違う厚さのリードに変えてくれる経営姿勢。
すてきです。

ビーチラーには2-1/2が一番あるように感じます。
一応ある程度の厚さを試しており、2、2-1/4、2-1/2、2-3/4、3と試してます。

メタルのマウスピースでは音色のコントロールが結構難しくなります。
ラバーで吹いた時の柔軟さがだいぶとい消え、
歪んだサウンドに近くなります。無機質に鳴っている感じがします。

メタルとの相性は悪く、強く吹くとリードが割れた。という話も何度か聞きます。

クラシックではあんなに綺麗に鳴るのだから、
メタルでも優雅に鳴ってほしかったなぁ、というのが本音なところです。

リード自体の作りはよく出来ており、マウスピースとの相性の問題ですね。





番外編

●バンドーレン青箱 アルトサックス 2
51VBFeJzUtL.jpg

評価:★☆☆☆☆

青箱2半でしんどかったら更に薄く!と思った時期が僕にもありました。

柔らか過ぎて音の立ち上がりとピッチがどえらく不安定に。

頑張ってチャレンジして悔いはありません。






●バンドーレン青箱 アルトクラリネット 2-1/2
41aknGWXGcL.jpg

評価:★★★★☆

『エリックがあれだけ鳴るのには秘密が絶対ある!』と確信突き、
アルトクラのリードだと結論付けた時期が僕にもありました。

可も無く不可も無く。

少し鳴るポイントは違いますが(そりゃクラリネット用だもの)
よく鳴ります。

でもわざわざ在庫があまり無いアルトクラのリードを探さなくても良いか、と。
(アルトクラ奏者の方すみません)

頑張ってチャレンジして悔いはありません。




-----------------------------------------


如何でしたでしょうか。

ビーチラー好きの方の参考になれば幸いです。

色々リードを試して感じたことですが、

結構は演奏者次第だと今は感じています。

演奏者の技量と感性さえ実っていればどんなリードでも鳴ります。

理想の音色がどの方向へ向いているかでリードの好みは判れるかと思いますが、
所詮その程度の問題なのでしょうね。


悩み過ぎずこだわり過ぎず。

己の中に答えがあると信じ、音色作りをしていって頂ければと思います。


そうして自分を突き詰めていき、理想の音を手に入れた時には、
人としても立派に成長しているはずなのですから。



また他のリードを試してみた時に項目を増やしていきますね。

読んでくださりありがとうございました。



CATEGORY : リード | THEME : サックス | GENRE : 音楽

プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。