This Archive : 2015年09月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.09.30 *Wed

10月の演奏スケジュール

はい、こんにちは安田です!10月の予定です。
秋はどんどん演奏していきますよ!お時間許せばぜひお越しください。



■ゴスペルバンド @ 天満音楽祭 【GOSPEL】
【日時】2015年10月月4日(日) 時間未定
【場所】天満音楽祭
【料金】無料
【出演】生徒たち

3曲ほど演奏してきます。僕は今回コンダクターです。編曲者としての腕も見せ所の1日です。



■名取浩二フュージョンバンド @小坂ジャズストリート 【FUSION】
【日時】2015年10月月11日(日) 時間未定
【場所】大阪エレキの店
     大阪府東大阪市永和2丁目2−22 
     http://erekinomise.com/
【料金】未定
【出演】名取浩二(Bass)、武良匠(Gt.)、麻尾冬彦(Key)、小林隆司(Drms)、安田廣志(Sax)

激しい演奏になりそうです。



■市川純也トリオ @ 近鉄奈良駅マクドナルド 【Jazz】
【日時】2015年10月月18日(日) 15:00~16:00
【場所】奈良マクドナルド
     奈良県奈良市 東向南町21 
     http://www.mcdonalds.co.jp/shop/map/map.php?strcode=29001
【料金】無料
【出演】市川純也(Pf)、加藤一海(Ba)、安田廣志(Sax)

マクドナルドになんと!グランドピアノが!ハンバーガーを食べながら聴いて下さいませ。



■Bar 2nd Funk Session!【Funk】
【日時】2015/10/24 (土) 19:30~24:00
【場所】奈良 Bar2nd
    奈良県奈良市富雄元町2-5−20(ビルの2階)
【料金】1,300円(1ドリンク込) /学生1,200円(1ドリンク込) ※値段を改定しました!
【Host】稲田修平(Gt) 井川英志(Bass) 中沢弘貴(Drms) 安田廣志(Sax)

どなたでも演奏参加出来る勉強会セッション!4時間ほどやっていますのでファンク好きの方は是非!



■YA-YA Quintet @ ジャズバー2nd 【Jazz】
【日時】7月11日(土)START 20:00~ 2ステージ
【場所】奈良ジャズバー2nd
    奈良県奈良市富雄元町2丁目5−20
    http://x14.peps.jp/bar2nd
【料金】未定円
【出演】 山中 一雄&安田 廣志(Sax.)
     稲田 修平(Gt) 尾崎 薫(Bass) 大木 優(Drums)

2管が奏でるハーモニー。毎回練りに練って構成しています。他の楽器の方々も凄腕ぞろいです。
スポンサーサイト
CATEGORY : スケジュール(Schedule) | THEME : サックス | GENRE : 音楽

2015.09.26 *Sat

9月のセッション

はい安田です!今日はファンクセッションの日です!
皆さん、お時間許せば是非演奏しにいらして下さいね!

そしてFACE BOOKページのいいね!が472件になりました。
これだけ沢山の方々に知って頂けるのも、応援してくれる人たちのおかげです。
これからも良い雰囲気の場にしていきますので、どうぞごひいきに!



■Bar 2nd Funk Session!【Funk】
【日時】2015/9/26 (土) 19:30~
【場所】奈良 Bar2nd
    奈良県奈良市富雄元町2-5−20(ビルの2階)
【料金】1,500円(1ドリンク込)
【Host】稲田 修平(Gt) 井川英志(Bass) 小林隆司(Drms) 安田廣志(Sax)

2015.09.23 *Wed

京都駅ビル

はいどうも!安田です!
先日は京都の駅ビル室町小路広場の大階段で高校の発表に参加してきました。
僕は演奏でちょこっとだけなので、主役は10代の子供たちですね!



吹奏楽ってジャンルは演奏が丁寧ですよね。
駅ビルで演奏すると客席が遠すぎて、いつも通りの演奏でいいのかな?って考えてしまいます。



パフォーマンス、ステージングの話になってしまいますが。

1.ステージが二段にして使えるので、演技を行う(マーチング、ミュージカル演技など)

2.テーマを決め選曲も沿って決める、MC込みで話を進めていく。

3.ソリストをもっとフィーチャーして演奏をしていく。



ざっと思いつくのはこんな感じです。



これを行うには最低3カ月は必要と考えます。
打ち合わせでのテーマ決め、選曲なども含めると半年前にはスタートしないといけませんね。
これは何故かと言うと、上記に対応している吹奏楽譜面がほとんど無いということです。




演奏メインの楽譜は大量にありますが、演技込み、パフォーマンス込みの楽譜ってほとんど無いのですよね。
そうなると専用に楽譜を用意しないといけない、専用のアレンジャーが必要です。
毎年のテーマに沿って曲のアレンジを行える人物ですね。



大きな催しをするときに妥協は大敵です。妥協をしていては限界がすぐ訪れます。
市販の楽譜からの選曲はスタートの時点で妥協が発生しているのですよね。


【うちの編成で演奏出来るのか】【演奏栄えする楽譜が無い】【ソロがほとんどない楽譜】など。


少しのアレンジなら市販楽譜から指揮者がイジればいけますが、微々たるものでしょう。


まあ、日本の吹奏楽では顧問の方々が日々苦労をされながら、選曲や指導をされています。
限られた環境から良いものを作り出す。これもまた素晴らしいことです。

しかし、現場に100%合わせて良いものを作り出す。
新しいものを作り出す。という点ではテーマに沿って書き下ろしていくしかないですね。



結果、準備の時間は沢山かかります。練習も沢山必要でしょう。
しかし自分たちにしか出来ないものを作り出す、という点ではこれ以上のものはないでしょう。
と言っても、大人になってからでも遅くない話なんですけどね。



今年の駅ビル企画会の時に僕は軽くこの事を提案したのですが、
『現実的ではない』『生徒の負担が大きい』などの理由で却下されました。
可能性をゼロにしているのは誰かと問いたいところですが。



毎年同じことをしてマンネリ化、新しいものを、他の学校には無いオリジナリティーの宣伝。
ここまで専務理事から言われているのに、頭ごなしに却下は無いと思うのですが。
せめて【どこまでやれるのか】ぐらいは話をしましょうよ。



舞台専攻は全て書き下ろしのストーリーなのにね。
音楽は無理なのですかね?


ひとつ救いだったのは、生徒たちが本当に立派になってきてくれたこと。
演奏も1日の動きも。褒めたかったけどタイミングを逃してしまいました。
演奏に関してはまだまだな部分も多いですが。
えらそうに書くのは生に合わないのでやめときましょう。


また来年も良い本番になりますように!

fc2blog_20150904234256157.jpg

fc2blog_20150920202313d041.jpg


fc2blog_20150920202317231.jpg

fc2blog_2015092020241750c.jpg



CATEGORY : 日記 | THEME : サックス | GENRE : 音楽

2015.09.05 *Sat

9月は京都で吹奏楽

はいどうも!安田です!

最近は空き時間も出来ましてサックスの練習がはかどっております。
時間がって練習に専念出来るのもまた楽しいですね!
昔と違って音楽一筋では無くなったので他の事も色々と大切にしながらですが。

たまに『どうやったら、そんな風に吹けるのですか?』と聞かれるのですね。
練習あるのみです。って言うのが本音なのですが、もう少し考えていってみましょう。


サックスはもう解説するのは簡単かもしれません。


1.音のイメージをもつ。
  好きな音を脳でしっかり持っておきましょう。

2.好きな音に近いセッティングをする。
  マウスピースも理想に近い物を。楽器とその他小物も選ぶ。

3.呼吸法をきちんと取る。
  日本人が苦手な呼吸法をしっかりと学び、黒人ばりの呼吸法をとりましょう。

4.指のトレーニングをする
  脳で描くフレーズを指へスムーズに伝達するためにも、指を自在に動かせるように。

5.鼻歌のように楽器を操作する。
  声って自由に扱えますよね?サックスも同じレベルまで持って行きます。

以上です。簡単に説明出来ましたね!


さて、後は自分に足りないものを危機感を持って手に入れようとすることです。
何となく、目標もなく手に入れようとしても身には付きません。
焦ってよく考え、延々と反復練習をする。
これが大事です。

今まで生徒へ多くのことを伝えてきましたが、
その場で出来るようにはさせて上げれるのですよね。
でも日が経つと元に戻ってしまう。

結局、本人が本当に得ようと思ってないからです。
心から上達したい、今足りていないものは何なのか。
その事を自問自答しない限り、周りの力などたかが知れているのですね。




さて話は変わりまして9月は職場の本番がまたあるのですね。
京都の駅ビルの広場を借り切って公演をします。毎年の恒例行事となっております。
fc2blog_20150904234256157.jpg
毎年、不思議な気持ちで吹奏楽部と一緒に乗っているのですが。
なんなんでしょうか。風が強すぎるから演奏に集中出来てないからでしょうか。
毎年ほんとに不思議な気持ちで本番を向かえてます。

今年はどうなることやら。



最後はメトロノームの動画を撮って見ました。
吹奏楽部の掃除の時間に、生徒がメトロノームのゼンマイをリセットしていました。
後姿が仲良しそうにみえたもので。





CATEGORY : サックス練習法 | THEME : サックス | GENRE : 音楽

2015.09.02 *Wed

新レゼルヴリード

はいどうも!ちょこちょこブログを更新しています安田です!
時間が空いている時はPCに向かって文章が打てるので有難いですね。

最近新しいアルトサックスを購入しようか悩んでいます。
といっても安くはない買い物なので悩んでいますが。
スキルアップに繋げられると判っているので購入はするのですが、時期が悩みどころです。
自分の演奏のクオリティが上がるって考えるとワクワクしてきますね!


さて今回はリコのレゼルブリードのレビューです。
リコ改めダダリオ社のリードになっています。パッケージも一新して白色が目印です。
最近のリードは『白がワンランク上のリード』ってイメージがありますね。

ダダリオ社になってから【リードをカットする機械が向上】されたと情報が入っていますが、
これはクラリネットだけでサックスのカットは昔のまま、という情報もあります。


●ダダリオ レゼルヴ 2-1/2
reserve2.jpg

評価:★★★★★

さてそのリードの感想ですが、ビーチラーととても相性が良いです。
よく鳴ってくれるリードが2枚は必ずあるかな、といった感じです。もちろん演奏者によって違いはありますが。
5枚ほどは練習で使える範囲です。

リコ時代とまったく同じように使えるリードです。芯があり艶もある音で吹いていて心地よい。
使用時から使えて、ヘバるのも少し早め。これも前のままです。
最近のマリエンサル氏もアルトはリコという話を聞いていますので、
ビーチラーとの相性も良いと考えて間違いないでしょう。

2箱ほど買ってその中から当たりのリードを探す。これで安定した演奏が可能です。
日本の気候は湿度が高いのでリードの管理方法にも気を使えると長持ちするでしょう。

フラジオもよく鳴り、高音に艶の出るのが魅力ですね。
お勧めのリードです。



CATEGORY : リード | THEME : サックス | GENRE : 音楽

プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。