--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.17 *Fri

メジャースケール3

今回は三連符のエクササイズです。
演奏で指がもつれやすい方は良い克服方法になります。


自由にのびのびとしたフレーズを奏でる。
演奏者にとって大きな目標の1つでもあります。

好きなアーティストを思い浮かべた時、
「なんて気持ちよく演奏するんだろう」と感動したことはないですか?

リズムはキープされつつもその中で多彩なフレーズが表現される。
聴いているだけで時間を忘れてしまうぐらいの魅力があります。


【いつか辿り着きたい】【同じように自由に演奏したい】など、
そんな思いを持ちつつ日々サックスを演奏されているかと思います。


そんな中、登場する今回の練習方法。
自由な演奏には3連符の表現が必要になってきます。

Scale4.png


「私が好きな曲には3連符なんて登場しないし・・・」
なんて思われるかもしれません。



でも必要なんですね。


人間誰しも必ずテンポの揺れがあります。
どんなに完璧なリズム感を持っていても心拍数が上がればテンポは上がります。

上がったり下がったりでズレた自分のテンポをどう修正しているのか。
結構3連符で自動的に修正しているんですね。とても自然に。
(3連符だけとは限りませんが)


3連符が苦手な人は修正も苦手なので、
とても不自由なぎこちない表現をしてしまう事になります。

この修正力を感じるのはやはりアドリブ中であったり。
難しいフレーズで指がスベった瞬間の後であったり。

それらを次の瞬間リカバリーする事が可能になってきます。



では3連系のエクササイズを応用も踏まえてご紹介します。




3連8分休符が入るパターンです。
スケールが8分ズレるので難しくなります。



こちらは3連4分休符が入るパターンです。
始めの間を充分に取っていないとスタートから失敗します。



スラーが4パターンありますが、
1パターンで12スケールずつ挑戦して行ってください。


ですので合計48パターンになります。
出来るパターンからコツコツでかまいません。
ある日急に出来るようになる事もあるので、
焦らず長期的に取り組んで行くことが大切です。



この練習には他にもこんな意味が含まれています。

『指を正確に動かす』、『3つの音符を1拍の中に配置する意識』
これらが身につく大切な練習方法です。


とくに『自由な演奏が出来ない』と感じているサックス吹きの方は試してみて下さい。

全ての音が均一に綺麗に繋がればOKです。

クロスフィンガリングや小指がもたる場合はその個所を重点的に練習してみて下さい。


また三連系の曲、ジャズではとても重要な内容です。


練習方法ですが、
実際にゆっくりからメトロノームで合わせて練習していきます。
テンポは一先ず160を目標にしてチャレンジしていって下さい。

この時、頭の中に流れるの譜割りと、サックスから出てくる音にズレがあれば、人一倍練習して下さい。
苦手なフレーズということです。

実際このリズムが出てくる曲では明らかに滑って演奏してしまうことになります。

このエクササイズがスムーズに出来るようになれば、
ジャズなどがとても余裕を持って演奏出来るようになります。

たどたどしさが減って来るのが判りますよ。

サックス奏者の方は是非トライしてみて下さい。


皆さんが自由に表現していけるのを願っております。
よいサックスライフを!



TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。