--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.31 *Mon

全てのジャンルにマッチする音

新しい記事を書いていきます。


IMG_1740.jpg



エリックのサウンド、とても魅力のあるサウンドです。

僕自身は彼が演奏するファンクとジャズを聴きファンになりました。


そこで考えてみる点があります。




1.ジャンルに合った音色をどうコントロールしているのか


エリック自身が最初に登場した時はフュージョンを演奏していました。


そして現在はクラシックも演奏しています。




僕が彼を追いかける部分は、


【全てのジャンルに合った音色を手に入れている】

という部分です。



様々なジャンルを演奏しているサックス奏者は数多くいます。

しかし、僕が思うに


【ジャンルにハマっていない音色】


なのですね。



・ファンクやフュージョンを演奏する人はジャズの音色を出そうとしていない。

・ジャズを演奏する人はファンク・フュージョンをジャズの歌い方で演奏する。

・クラシックの人は、他のジャンルをクラシカルに表現する。


といった感じです。



全ての音楽を綺麗に表現出来る、というのは演奏者にとってひとつの到達点です。



このブログはエリック氏研究ブログなので彼のことを取り上げていきますが、


・ファンクではゴキゲンに。

・フュージョンではテクニカルに。

・ジャズでは甘く。

・クラシックでは美しく(映画音楽っぽくはなりますが)


演奏方法、歌い方、考え方を切り替えて演奏しています。



ここまでをまずブログを読んでくださる方々を意思を共有しておきたいと思います。



800px-Jeff_Lorber_feat_Eric_Marienthal_-_Jazz_na_Starowce_2012_(3).jpg





2.エリックのサウンド



さて、彼のサウンドの根幹はと考えていきますと。


まず、マウスピースがビーチラーという点です。



メタルのマウスピースということもあり、

基本的にはフュージョン寄りの明るく激しい音色になります。


このマウスピースの良い点は弱く吹くと甘い音色に切り替わる点です。


エリック自身、この切り替えれる演奏が大切で使い続けている理由なのでしょうね。




でもそれだけではフュージョン奏者が演奏した、

『なんちゃってジャズ』『なんちゃってクラシック』にしかなりません。


ここまでならば色々なアーティストが到達しています。


まぁ、この辺りで満足してしまうのかもしれませんね。


『俺は色んなジャンルも演奏出来るが、メインは○○だ』というように。



エリック自身の根幹はジャズだと僕が考えています。

そしてサウンドはフュージョンです。




音色はフュージョン。



この下地を基本に、彼独自の演奏法によって他のジャンルを演奏しています。


凄いと感じる点は、彼独自の演奏法を入れる事によって、


色んなジャンルにピッタリとハマった音色に切り替わる点です。


僕はエリック以外で切り替えている人物をまだ知りません。



66628-americky-saxofonista-eric-marienthal-uz-tri-roky-spoluprac-clanok.jpg



3.クラシックに演奏するエリック







Concerto for Marienthal
マリエンサルのためのコンチェルト


このCDでは吹奏楽をバックにエリック氏がサックスの独奏を取ります。

とても美しいサウンドと表現。吹き方もクラシック・ポジションに近づけて演奏しています。

そしてこれでもか、というほど歌心たっぷりに表現します。


エリック・ファンの方には是非聴いて頂きたいアルバムです。




この演奏依頼で悩ましい部分は、


・依頼者はエリック氏のいつもの演奏を楽しみにしている。

・クラシックの表現から逸脱するのはエリック氏はしたくない。

・オケから浮いてしまう演奏になるのではないか。


このような事が挙げられます。




そのことを踏まえ、出来上がったCDを聴いてみると。


実に面白い演奏に仕上がっています。



・クラシックの演奏法とエリック氏の表現を両方取り入れている。

・ジャズ、フュージョンなどの演奏法を抑えている。

・弦のイメージを持っている。


彼の考え方、表現方、聴き手への期待に沿える意気な表現。



どれを取っても素晴らしい演奏です。


4834558777_dba73ca3b8_b.jpg




4.まとめ



如何だったでしょうか?


今回の記事でエリック氏の新たな一面は見えましたでしょうか。


僕自身もこの記事を書く事によって新しく気付ける点もありました。



では、どうすれば彼のサウンドを習得していけるのでしょうか。


これは文字でお伝えすることは大変難しいのですね。


直接お話する機会があれば手っ取り早いのですが。


コツコツと記事にして行きたいと考えています。





一番良いのはエリック氏自身に会って直接聞くのが一番ですね笑


本人に聞くのが間違いないでしょう。




でも彼は言葉よりもサウンドを聴かせてくれることでしょう。



IMG_7094-copy.jpg

【聴いて学べ】と。



CATEGORY : エリックの演奏法 | THEME : サックス | GENRE : 音楽

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。