--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.15 *Mon

エリック氏のマイク

■SD Systems STM99■
マイク

10万円と噂のピンマイクです。
エリック氏も大満足のマイクのようです。
(エリック氏のHPでは誤字でHD SYSTEMと記載されています)


STM99は3種類あり、それぞれ指向性が違います。
STM99mic.jpg

エリック氏はその中でもカーディオイドタイプを使っていると推測します。
実際にエリック氏がマイクを使っていた音を生で聴くと、
『高音から低音まで音の粒立ちを均等に拾ってくれる』といった印象です。
音に艶があり、聴いていて耳が疲れません。
とても生音に近い音がスピーカーから流れます。


しかし、これはマイクが良いというよりも、
やはりエリック氏の演奏技術が高さが大きいと思います。

マイクの本質として、
『良い音は良く拾い、悪い音は悪く拾う』
この言葉につきます。

どんなに良いマイクを使っても良い音を拾ってくれるかどうかは、
自身の演奏力次第。

マイクを使うと、そう痛感させられます。



■全方位
周波数レンジ 30Hz. – 20 KHz.
Free-field Sensitivity at 1KHz 10 +/- 2mV/Pa
A weighted equivalent SPL level due to inherent noise 20 dB
Max. SPL for 0,5% 1KHz (PS 48 +/-4V) 135 dB
出力インピーダンス 100 Ω
ファンタム電源 12から52 V

PattOmni2.jpg

freqspecSTM99omni.jpg


■カーディオイド
周波数レンジ 30Hz. – 20 KHz.
Free-field Sensitivity at 1KHz 14 +/- 2mV/Pa
A weighted equivalent SPL level due to inherent noise 17 dB
Max. SPL for 0,5% 1KHz (PS 48 +/-4V) 132 dB
出力インピーダンス 100 Ω
ファンタム電源 12から52 V

PattCard2.jpg

freqspecSTM99cardioid.jpg


■スーパーカーディオイド
周波数レンジ 30Hz. – 20 KHz.
Free-field Sensitivity at 1KHz 16 +/- 2mV/Pa
A weighted equivalent SPL level due to inherent noise 16 dB
Max. SPL for 0,5% 1KHz (PS 48 +/-4V) 131 dB
出力インピーダンス 100 Ω
ファンタム電源 12から52 V

PattHyper2.jpg

freqspecSTM99supercard.jpg

TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。