--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.01 *Thu

ビーチラー用のリガチャー

現在お勧め出来るメタルのビーチラー用のリガチャーをご紹介していきます。
エリック・マリエンサル Eric Marienthal氏、
デイブ・コーズ Dave Koz氏を目指される方は必見です。


ちなみに安田はオレガチャーです。
これが一番コントロールしやすいのですよね、たぶん。
『1秒後の音色の変化』を考えるとこのリガチャーしかありません。

では紹介をどうぞ。

リガチャー

■オレガチャー Olegature (向かって左)

エリック氏が長年使用しているリガチャーです。
(ただ、最近は他のリガチャーも使っているようです。)
エリックの音を出すにはもうオレガチャーしかないです。
それぐらい良い音を出すのに貢献してくれます。

発音、フォルテとピアノの音色の変化、抵抗感。
どれをとっても満足出来ます。
一番凄いと感じるのはピアノ時の音色ですね。
これはエリック氏の音色を理解している方ならば納得出来るかと思います。

値段は1万円くらい。石森管楽器さんが取り扱ってくれています。
サイズが沢山ありますので買う際は、
『ビーチラーに合うサイズを』とリクエストしてください。

長年使用すると、金メッキがはげてきます。音色も変化があるはずです。
ネジ穴も弱いのでキツく締めていると壊れます。



■純正リガチャー 肉厚ブラック塗装仕上(向かって手前)

コーズ氏が使用しているリガチャー。
(彼はクロームメッキ仕上を使っています)
よく鳴ります。鳴りが悪いという方はリードが合って無い事が多いですね。
音色は均一です。フォルテもよく鳴るし、ピアノもよく鳴ります。
抵抗感もほどよく、純正にしては出来たリガチャーです。

ほんとにコーズ氏の音色をイメージしてもらって良いです。
スムースジャズに向いているリガチャーではないでしょうか。
レスポンスもよく吹いていて楽しい。ただ、リードにヘコみが出来ます。
彼を目指す方は、このリガチャーを是非。

値段は7,000円くらい。キャップが付きます。
これもネジ穴が弱く、壊れやすいので注意です。



■石森(ウッドストーン)リガチャー(向かって右)

日本の総力を結集して作られたリガチャー。ARBモデル。

GP (下地:ブラス)モデルと総銀製モデルがあります。
しかし何故かあまり人気はありません。
リガチャー自体が分厚く、少し鳴りを抑えます。

総銀製は音の成分が少し割れます。
これは好みの部分ですので、この音色が好きな方もいるはずです。
レスポンスも良いので手が早く動く錯覚もあり。

GPモデルはとても明るい音色です。
オレガチャーに近い響きがあります。でも中途半端。
それは多分、胴体が分厚いからでしょう。響ききってくれません。
でも好きなのでたまに使っています。(オレガチャーが壊れた時とか)

もっと薄いVer.を作ってくれたら人気出ますね。
(昔の石森リガチャーは薄かったのに。)

値段は総銀が26.000円くらい。高い。
GPモデルが11,000くらい。ぼちぼち。



■GF-SYSTEMリガチャー(向かって奥)

合皮製リガチャー。新設計のため安定した鳴りが特徴のリガチャー。
スタンダードとゴールドラインの2種類があります。
安田はスタンダードを使っています。

金属リガチャーに負けない音が出ます。それでもってオシトヤカ。
ジャズにはとても向いています。↓で吹いているのがこのリガチャーです。
http://yozora0709.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
ファンクでもいけないことはないです。
何より抵抗感が軽いので、ビーチラー特有の抵抗感に困っている方は試してみて下さい。

ただ、マリエンサルの音からは少し離れます。
レスポンスも若干落ちます。タンギングで遊ぶフレーズが辛いことあり。
でも良いですよ。困ったときのお勧めリガチャー。今は使っていませんが。

値段は6,000円くらい。安いです。
石森が取り扱っています。『ビーチラーに合うサイズで』とリクエストして下さい。





結局、目指す方向性になります。

ジャズをメインで演奏するなら。
好きなアーティストを目指すなら。
石森のブランドが好きなら。

最後は自分で使ってみて判断する。理想の音が鳴れば決定。なのだと思います。

ビーチラーを使っているからには、
必ず『特別な』理想の音というものがあるはずです。

このマウスピースでしか出せない音。
無ければビーチラーなど使いません。

そして最大限に生かせるリガチャー。
追求するからこそ、さまざまな組み合わせがあります。


とことん音色を作りこんでいきたいですね。

また新しいリガチャーが見つかれば書いていきます。
ありがとうございました。




TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。