--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.10 *Sun

メジャースケール1

サックスを始めた頃のドキドキ、忘れていませか?




サックスの良さは何だろう!?
ってことで勝手にあれやこれや考えていきたいと思います。

サックスに限らず管楽器の良さって、

『綺麗なメロディーを奏でられる』

だと思うのですね。




良い音色で、歌うようなメロディーを。





もちろん他にも良さって沢山あるのでしょうけど、

それはまた今度。



そこで一生懸命と練習する訳です。


コツコツと。

1日サボったら息が続かない、指が動かない。

そんな困難も乗り越えて。




そして、サックスソロやアドリブに挑戦する訳です。




『指が思うように動かない』



そんな時はもうスケール練習しかないのです。
急に演奏へは反映されないので日ごろからコツコツと。

Scale1.png

12Keyでメジャーのスケール。

テンポは指が動く遅さからゆっくりと。
メトロノームを使わないとあまり意味が感じられません。

始めたての人はテンポ80以下で。

慣れた人は80~140で。

頑張りたい人は~160で。

ジャズの人はスィングで180~240で。

オクターブ上でも練習をします。大切。



12Keyなので苦手なスケールは更に丁寧に練習します。

スラー、タンギングと日によって交互にやってみても良いかもしれません。



半年間の基礎練習にと思って取り入れてみて下さい。

きっと指がスムーズに動くようになります。





--------------------------------------------

『こんなのじゃ、あのフレーズはこなせない!!』

という方はこちら↓

Scale2.png

ちょっと難しくなってますね!!
全音域をカバーしてます。

これもゆっくりからコツコツと。

上の音域は音程も要チェックです。
普段、吹かない音域は不安定なのです。


高音サイドキーはリズムが崩れやすいので、テンポを落として丁寧に。

ジャズの人はスィングで8分裏にタンギングなど試してみて下さい。






このエクササイズが暗譜で自由に演奏出来るようになると、
色々な曲が演奏しやすくなっているはずです。

またはソロやアドリブに余裕が出ているはずです。




普段からの基礎練習が演奏を自由にしてくれます。

運動でもトレーニングをこなしている方が良い結果を生むのと同じです。




『理想の音を出したい!あのメロディーを演奏してみたい!』


楽器を始めた頃に、こう思い描いていたのではないですか?


それがいつの間にか忘れてしまって、作業的に演奏していませんか?


初めて演奏した時の気持ちを忘れるな、とは言いません。

でももっと楽しく演奏していたのではないでしょうか。


そう思われている方はもう一度スケール練習にチャレンジしてみて下さい。


そして自由に演奏出来るようになった時、

きっと楽しく演奏出来るはずです。










これでもまだ指が自由に動かない!
という方は次回の応用練習で。



TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

fc2blog_201301240501128ab.png

安田廣志(Hiroshi Yasuda)
音楽講師をしながら日本の関西で活動中

メールはこちら
ご意見ご感想お待ちしております。



youtube

安田のYOUTUBE



facebook

facebookでブログ更新をお知らせ!



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © サックスと作曲やりましょう All Rights Reserved.
テンプレート配布者: Google  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。